秋葉原中央通り沿い左手奥…の辺り
8/14(火)は通常定休日ですが臨時営業(12:00~20:00)いたします。

■平日の通常営業時間が12:00~20:00になりました■
(土日祝日は変わらず11:00~19:30)


■次回更新は8/15(水)予定です■
follow me on Twitter

8/11
代用です
ループして経験を積んで最高の同人誌を作るのだ。ハワイで。こんばんは。
ほんとひでぇな水着イベ。
(`ー´)<※褒め言葉です。
(;´ω`)<まぁ周回自体はそれほど苦でもないですかね。

さて今日の更新ですが。
昨日の冒頭でぼやいたとおり、指装甲が妙なタイミングで全滅しました。
ですので、なんか無いのーと問屋を突っついてみたら似て非なる商品が出てきました。


それがこちらです。
指装甲の大人気から問屋が二匹目の泥鰌を狙って仕入れた、
別型の指装甲ですね。

前から存在は知っていましたが、
端的に言って既存の指装甲より格好よくない(剛速球ストレート)ので一度も扱ってませんでした。
問屋でもそうだったようで結構な数が残ってましたんで、
その辺を色々アレして大特価で仕入れてみました。
ですので安いという1点においてのみ、従来の指装甲を大きく凌駕しています。


表面はなんかドクロ+十字っぽいデザインですね。


裏側はこんな感じ。


従来品と比較。
従来品より関節の数が少なく、指への追従性が低いです。
ようするに動かしづらいです。
安いのでお許し下さい。


装着ー。



さらに装着ー。
まぁ親指小指が全く合わないのは同じですね。
従来品と同様、手袋に固定するとかなんか工夫してやってください。


指先が見えるので手の平側のスカスカ感は従来品以上かもね。
安いのでお許し下さい(2回目)。

そういうことでこの商品。
商品名はわかりやすく、「代用指装甲」としました。
うーん我ながら酷いネーミングだ!

1本での価格は税込590円
この時点で従来品の半額っすね。

更に纏め買いサービスで、5本セットなら税込2,450円
単価500円切ってますネ!

そして更にもう一段階。
10本セットなら4,410円でのご提供となっております。

なお半端な本数(6~9本)御所望の場合は5本の時の単価(¥490)×本数で計算致します。
11本以上も同様(単価441円)ですかね。そこまで必要とする方はあまりいないと思いますが。

そんなわけで以上、代用品のご紹介でした。
ほんじゃ今日の更新はこんなもんで。
また次回の更新でお会いしましょうー。


8/10
武装商店はこんなものを売ってるよ:DENIXその2
一昨日紹介したもののうち指装甲は品切れになりましたこんにちは。
なんで無くなりそうな時に何も言わずに無くなってから知らせてくるんですかね問屋さん。
(;´ω`)<次回入荷は未定です。
(;`ー´)<紹介まもなく在庫切れが発覚するとか…。

まぁおいといて、今日はDENIXの続きですね。1週間ほど空いてますが気にしない。
前回は刀剣等を御案内しましたが、今回は古式銃についての御案内です。

日本国内の西洋剣類はDENIX製品が非常に多いと前回書きましたが、
古式銃についてはほぼDENIXの独占状態です。
…世界的に見ても「古式銃のレプリカ」をまともに種類と量作ってるのDENIXくらいなんじゃないの?
(`ー´)<需要考えると他にやる気になるメーカーがそうそう居ないだけという気もするが。

刀剣と同様、原則飾り物として作られている商品ですので、間違っても弾なんぞ出ようもありませんが、
トリガーと連動してコックが落ちるとか、ちゃんとレバーアクションするとかそういう可動は一応します。
ただ金属が刀剣類と同様脆い素材ですんで、あまり激しく何度もガッチャガッチャするのはオススメしません。
可動はあくまでオマケとして扱い、程ほどに楽しみましょう。


上からシャルルヴィルカービン(¥15,940)、シャルルヴィル(¥21,300)、エンフィールド(¥29,870)、ケンタッキー(¥21,240)。
マスケットや長銃類は非常に長くて迫力ありますな。
サイズの割にはだいぶん安いのもポイントかと。
…まぁ、自宅で置く場所についてはよくご検討下さい。


あと火縄銃(¥19,690)とか。
火縄銃はバリエーションないのでこの辺でアレして頂く方向で…。


ピストルは自宅の置き場にも優しいですよ。
これはエカチェリーナ…じゃなかったトゥーラ(¥5,690)。


ニコラ=ノエル(各¥9,840)の金銀は似ているかどうかという意味ではどっちの方がというのもないので、
お好みの方でどうぞどうぞ。

以上、なんか程よく偏った紹介のような気もしましたが、DENIXその2でした。
ほんじゃ今日の更新はこんなもんで。
また明日お会いしましょうー。


8/8
武装商店のお盆(主にコミケ)向け情報ー。
台風だコレー。こんばんは。
台風なので早め早めに更新書いてますよー。
(`ー´)<露骨な前倒しムーブ。
(;´ω`)<台風だからなー。

さてまずコミケも近くなってまいりました今日この頃ですが、
武装商店は大体いつも通りで余分にお盆営業致します。
具体的には来週火曜(8/14)は通常定休日のところ臨時営業いたします。
営業時間は平日準拠で12:00~20:00なので宜しくね。

さてあとは定番の武装商店オススメお手頃商品とか紹介しますかね。


とりあえずの御土産などに指装甲とかオススメですよ。
価格は税込1,190円、5本セットなら5,450円でちょっとお得。
付ける!動く!エンジョイ&エキサイティング!という「だけ」の商品です。


また最近のモノとしては紙刀各種もオススメっすよ。
大690円、小490円。茎黒染め版は大990円、小790円。(全て税込)
黒染めが若干種類へってますが近日補充したいなと思ってます。


ダミーカートリッジも補充したてでそこそこございますよ。
価格は430円から。高いのはかなり高いけど是非もないよネ。
最近は古式銃用の鉛弾とかもありまっせ。

とりあえずお土産らしく金額面、体積面で手頃なものを並べてみましたが、
別に、


体積的にちょっと大変な西洋剣とか美術刀も色々取り揃えておりますよ。
なーに、送料出せば地方発送できるからいけるいける。


もちろんさらに金額面でも手軽とは言い難い居合刀なんかもありますよ。
なーに、いけるいける(根拠皆無)

というわけで以上、駆け足ではございますがいつものお盆(コミケ)前っぽい更新でした。

ほんじゃ今日のところはこんなもんで。
また明後日お会いしましょうー。


8/4
割り込むように美術刀案内
そういえば佐鎮の人数が大分増えて月次褒賞貰える大将がいなくなりましたねこんにちは。
それって結構増えたってことでは。今月から500位以内ちゃんと入れるかなぁ。
(`ー´)<無理しないと取れないようならさっさと諦めるのも一つの手だけど。
(;´ω`)<プレイ時間削減になるな。

さて今日の更新ですが、昨日までの流れを中断して入荷美術刀の御案内です。
いずれも過去紹介済み品の再入荷ですが、同時に色々特記事項がありましてな。


陸奥守吉行・竜 税込¥10,290(価格改定)

7/21に紹介しました陸奥守吉行・竜ですが、まず価格が改定されまして若干上がりました。
あとついでに仮称ではなく正式名称にしました。

価格に関しては前のが試作品特価で若干お買い得だった、というくらいの認識で大体合ってます。
実際元々試しに作ってみただけだったもので。

標準モデルの仕様は前回紹介と全く同じですが、
今回追加要素として、


アルミ刀身バージョンも1本別注してみました。
ご覧の通り、アルミ刀身は刃文が1種のみなので直刃の亜鉛合金刀身とは刃文が異なりますね。
刀身がアルミで軽い以外は全く同じです。価格も同じ。

いやまー、なんか需要がありそうな気がしましたのでとりあえず作ってみた感じですね。
通販等ご利用の場合はどちらの刀身か明記していただけますと助かります。

あともののついでですが、
こないだ紹介したときは店頭に無くて出来なかったんで、
「特・陸奥守吉行」と並べて比較してみました。


そもそも色替えモデルとして別注しましたんで、
基本的に色が違うだけです。金具の形状とかは一緒。
あと鞘塗りが地味に上石目と黒石目で異なったりしますが。



鍔とかコジリも同型別色。
まぁ参考までということで。

ほんじゃ次ー。



岡田以蔵拵 税込¥9,130
岡田以蔵拵 脇差 税込¥8,640


こちらは以前(6/30)にも紹介しました岡田以蔵大小ですが、
鞘塗りを以前の朱呂から赤潤み塗りに変更しました。価格は変わりません。

前に紹介したときにもっと暗くてもいいかも、とか書きましたが、
今回鞘塗りが変わったのはその考えとは全く関係なくてですね。
朱呂塗の鞘は普段メーカーであまり数を用意しておらず(特に小で朱呂の鞘はまず在庫してない)、
かつ時間もかかる鞘塗りである為、補充が不安定になる可能性を常に抱えておりまして。
いざ欲しいという時に入荷が滞る可能性を抱えるのは良くないなー、と考え標準の仕様を変更しました。


なお鞘塗り以外は以前と全く同じです。
ということなので、前書いたのと逆になりますが、
前の朱呂塗りのほうが欲しい、という場合は美術刀特注にて製作可能なので、
そちらをご検討下さい。

それからついでに、岡田以蔵拵の大小はアルミ刀身を標準としておりますが、
なんとなくそういう需要がありそうな気がしましたので、


試しに重い亜鉛合金刀身バージョンも製作してみました。
樋無しの標準刀身ですな。
価格は変わりませんので単純に重いほうが良いという方はこちらもご検討下さい。

そんな感じで以上、美術刀の御案内でした。
ほんじゃ今日の更新はここまでー。
また次回の更新でお会いしましょうー。


8/3
武装商店はこんなものを売ってるよ:DENIXその1
しかしFGO始めてそこそこ経ったけど未だカレスコ0ですねこんばんは。
五百年の妄執凸とか何に使うんですかね。
(;´ω`)<発動コントロールに難がありすぎる。
(`ー´)<凸で宝具封印3Tになりませんかね。なっても使うか微妙だけど。

さて今日の更新ですけども。
昨日に引き続き、カテゴリ単位で武装商店の売り物を紹介しますよ。
今日の紹介カテゴリは「DENIX(その1)」です。

「DENIX」はメーカー名なんですが、海外の模擬刀剣メーカーでは珍しく刀剣などに鉄を使っておらず、
日本にそのまま合法的に輸入可能なので、日本国内で流通している西洋剣はDENIX製が非常に多いです。
(`ー´)<海外メーカーは鉄で刀剣作ってるトコが大半なので、日本に輸入しようとすると素材変えたりしなくちゃいかんのよ。
(;´ω`)<それで余計にコストや手間がかかるからね、その点DENIXはメーカー仕様そのままでいいので楽々。

ちなみにDENIXが鉄製の刀剣作ってないのは、
「装飾品として刀剣を作っており、長期間壁に飾ったまま放置しても問題ないように、錆びやすい鉄は基本使わない」
ということみたいですね。多分。
(`ー´)<装飾品目的なのでリアルな刀剣に比べるとやや華美な商品が多いのも特徴かね。

素材のこともありますし飾り用なので振り回してどうこうするような強度・構造にはなってませんが、
その代わり比較的安価に色んなものが揃ってますよ。


この辺は長剣の類ですね。
ロングソードからドレスソードから。
大体13,000~18,000円程度で1本買える感じ?


湾刀とか。
サイズもあって長剣よりやや安めくらい。


短剣類。更に小さいので価格も更に控えめ。
5,000~7,000円程度。


ちょっとイロモノでバトルアックスもあるぞ。
サイズはそこそこですが鞘とかないぶんお手頃価格。5,000~10,000円くらいか。


あとついでにミニチュアソードとか。DENIXの自社製品ミニチュアモデルです。
ペーパーナイフ扱いされることもありますが、切れ味は無い(刃が全然薄くなってない)ので、
まぁ基本的にはミニチュアです。

とりあえずそんな感じで以上、DENIX製品の紹介第一弾でした。
第二弾はDENIXの銃類の予定です。

ほんじゃ今日の更新はこんなもんで。
また明日お会いしましょうー。


8/1
武装商店はこんなものを売ってるよ:美術刀
スカスカ狙ってもらった石とか符をブン投げてますがジャンヌが来ましたこんにちは。
いや、狙いましたけどね。初ルーラーですね。
(`ー´)<ついでにジャンヌもワンチャン狙っちゃうかー→ジャンヌが出る。
(;´ω`)<やったぜ…?

さて今日の更新ですが。
夏に備えて、武装商店はこんなものを売ってるよ、というのをカテゴリ単位で紹介してみる試みです。
試みなので全カテゴリを紹介するとこまで行くか全く未定ですが気にしない。
その第1回のカテゴリが「美術刀」です。

美術刀は一部例外除いて大体税込6,000~12,000円程度、
居合用の「居合刀」とは違い、専ら飾り物用に作られた商品です。
基本的に国産。
(`ー´)<軍刀類とかごく一部に海外製あり。


一番多いのはメーカーが標準で製作しているモデルですな。
画像は「黒田官兵衛拵 へし切長谷部国重(税込¥12,290)」。
まぁ1個上に「織田信長拵 へし切長谷部国重(税込¥11,290)」があったりしますが。どっちもメーカーモデル。
他にも、ウチで取ってないのも入れれば竜馬拵が3種類くらいあったりするのでメーカーも結構フリーダムよね。


メーカーモデルでも10ウン年前とかから製作されてるモデルもあり、
中にはそれがアニメとかゲームでうっかり使われちゃうこともよくあるけど是非もないよネ。
画像は「豊臣秀吉拵 一期一振(税込¥9,960)」。
他には沖田とかがよく使われますかね。


一方で、このメーカーは割と別注を1本単位でも受けてくれますので、
ウチで独自発注した別注モデルもあります。
画像は「特」シリーズの一例。加州とか燭台切とか大倶利伽羅とか。
思いつきで適当に増えたり減ったりしてますので御用の方はあるうちに。

あと美術刀は特注も可能です。
1本単位で別注してくれるならウチが考えてもお客様が考えても同じ事なので、
仕様相応の代金は頂いても特注特別料金は発生しません。
詳しくは「美術刀特注」の項見てね。なんでもは出来ないからね。

また、別注モデルは流行りとか中の人の気分とかメーカーの都合で作らなくなったり仕様が変わったりしますが、
昔に製作した別注モデルも、特注扱いで製作することが可能な場合があります。
メーカーの都合がある場合は出来ないかもですが。

以上、手頃な日本刀として需要も高く、
ウチも変な別注品を発注し甲斐がある美術刀のざっくり紹介でした。

ほんじゃ今日の更新はこんなもんで。
また明後日お会いしましょうー。


7/28
定点観測(と13周年)
ヒュー台風だぁーこんばんは。
FGOフェスとか影響の真っ只中なのにバッチリ開催してるみたいっすね。
(`ー´)<土日なので参加できませーん。
(;´ω`)<仕事でーす。

さて本日をもって武装商店は13周年を迎えました。
これも皆様の日頃のご愛顧の賜物でございます。
誠に有難うございます。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

…そして13年の節目を迎えまして武装商店はその記念として
とくに何もしません。

…いやぁ、13ってのもまた半端な数だしなぁ…。
何か思いついたら後からアレすることもあるかもしれませんが基本的に平常どおりとなっております。

さて、そういうことなのであとはいつもの定点観測であります。
定点観測としても目立ったことは特に無いんですけどもー。


DENIXは一時種類が結構減ってたのですが、今月輸入があって概ね色々復活してますね。
中には復活してないのもありますがその辺はタイミングとかもありまして致し方なし。


居合刀はまたちょっと変わったのが入ってきましたね。鳴狐とかその辺。
店頭に出し切れてなかったりもしますが置き場の限界なので致し方なし。


しばらく切れてるのが当たり前だった三十年式銃剣、Kar98k銃剣は今なら在庫そこそこ潤沢です。
御用の方はあるうちにねー。

まぁそんな感じですかね。
ほんじゃ今日の更新はこんなもんで。
また次回の更新でお会いしましょうー。


7/27
WF直前情報なー
なんか台風が近づいてますが影響が読みづらいなぁこんにちは。
WFはまぁ、開催自体は問題ないと思いますが。
(`ー´)<電車が止まるとちょっと面倒。
(;´ω`)<京葉線、風に弱いから…。

さて今日の更新ですが。
毎度お馴染み、WF直前でお送りするいつものやつです。
武装商店がお世話になってるディーラー紹介ですよ。
まぁ特にラインナップ変わっておりませんけどね!いつもの皆様ですけどね!



げんれい工房 7-05-06

い つ も の。
ちょっと前に落選してたこともありましたが元気です。
後々ウチにも入荷しそうなステッカー新作もあるみたいですね。
あと大型新商品のマスターキーアックス…あ、展示のみ?商品じゃないんです?そう…。



大日本技研 5-09-01

い つ も の。
…いかん、コレだと書き出し全部同じになってしまうな。
今回もオリジナルで色々やっておられるみたいっすね。



Elfin Knights Project/すてんがん工廠 8-09-07

毎度お馴染み合同卓。
EKPはいつものいろいろ。水鉄砲とか。


すてんがん工廠もWF初売りのいつもの同人誌新刊が。
M224 60㎜迫撃砲マニュアルですってよ。ほほう。



XAT・STEW 8-23-12

レジンキャスト製だけど金属にしか見えない武器とかあと髑髏のやつとか。
…店頭に古釘しか残ってないので画像が寂しいネ!
まぁ、いつも通りWFで何かしら出るかと思われますし、向こうで残ったらこっちに補充も来るかと。



ニトロプラス(WF特設) 2-27-01

いつもの企業枠。今回もデモベやら刀剣やら色々多岐にわたってやってる模様。
また真剣飾ってる…ニトロって何のメーカーだっけ…
そういやそに子がVtuber化したんでしたっけね。お前元々そういうヤツじゃなかったっけとか思わなくも無い。
ところで千子村正の鍔は千手観音図と蜘蛛図のダブルミーニングだと思うんだ(杜2,5の表紙を見ながら)


そんな感じで以上、WF情報でした。
ほんじゃ今日の更新はここまでー。
また明日お会いしましょうー。


7/25
まさかまた在庫が有る状態で紹介できる日が来るとは…
三川艦隊新任務5-4以外はこなしときましたこんばんは。
5-3が一発で終わったのは幸い。何故か5-1で若干嵌ったなど。
(;´ω`)<面倒な戦果任務実装してくれたなぁ。
(`ー´)<5-3のフル支援ほぼ前提かつランダム羅針盤はやべーぜ。

さて今日の更新ですが、久々に商品が手元にある状態で紹介できる銃剣2種の御案内です。
過去紹介しているものですが、まぁモノがある状態での紹介は久々ですので。
どちらもWINDLASS製、ブレードは真鍮製黒塗仕上げ。



三十年式銃剣 税込¥11,210

はい、三十年式銃剣ですね。
ここ数回は予約分でほとんど完売して次の輸入待ちーみたいな状況でしたが、
今回はまだ問屋にもあるらしいです。
…あ、と言っても人気者ですので無くなるときは無くなりますからお気をつけ下さい。


ブレード以外は大体鉄と木で、着剣装置もちゃんと機能します。

で、元々剣差付きで扱っていましたが、
現在は剣差無し状態で販売しています。
で、問屋に訊いたら剣差もまだあるということなので、


こっちも単独で仕入れてみました。
「三十年式銃剣用剣差」、価格は税込2,830円


差すとこんな感じ。
今回は完全に個別の販売ですので、
前に本体を買ったけど剣差も欲しいという方は単独でご購入頂けますし、
もちろんまとめて欲しい方もお気軽にどうぞ。

そしてもう一本。


Kar98k銃剣 税込¥9,180

モーゼル銃剣とも。さっきと同じリンク先だけどこの辺も参照。
M1884/98IIIとかSG84/98とも呼ばれるKar98kの銃剣…一行にするとめっちゃ目滑るな!
ともかくそういう銃剣です。


もちろん着剣装置も機能。

なお先の三十年式も同じですが、着剣装置が生きているとはいえ、
元から特定のエアガンやモデルガンにそのまま着剣できるように作られている商品ではありませんので、
それらに着剣する場合は調整・加工が必要になると思われます。予めご了承下さい。
(`ー´)<(やったことないけど実銃にならそのまま着くのでは?)
(;´ω`)<(まぁWINDLASSは本物ベースで作ってるだろうしね)

そんな感じで以上、銃剣2種+αのご紹介でした。
ほいじゃ今日の更新はここまで。
また明後日お会いしましょうー。


7/21
とりあえず作ってみた
なんかワルキューレの宝具がLv3になりましたこんにちは。
…なんでだ。いやいい事なんだけど。
(;´ω`)<なんかこう、ノリで回したら出た。
(`ー´)<出そうなときは割と出るぞ。どんなときが出そうなときかは判らんぞ。

さて今日の更新ですが、先日紹介しました岡田以蔵拵の続きとオマケです。
「岡田以蔵拵 参」税込9,290円と、「陸奥守吉行・竜(仮称)」税込9,720円

まぁどっちもそのまんまと言えばそのまんまであり、
美術刀の既成部品や鞘塗で出来る範疇でアレしました。



まず以蔵参のほう。
重い亜鉛合金、樋入り乱刃のそれっぽい刀身をチョイス。
鞘はよく使ってる真っ白塗りで金具が金揃い、下緒は黒。


鍔や鯉口周りについては既製品で再現しようがないので、
その辺は各自塗ったり貼ったりなんかしたらいいんじゃないっすかね。
土台、シルエットとしてはこの鍔かなりいい感じだと思うんですよね。
(;´ω`)<…昔、某和道なんちゃら用に作られた鍔だっけ?

あと全くの余談ですが、

お前ちょっと沖田さんと被ってねぇ?とか思いましたが些細なことです。
(比較対象:菊一文字則宗/税込¥10,290)

さてもう一丁。


「陸奥守吉行・竜」。
陸奥守吉行は元々種類豊富だったんですがまた増えてしまったか…。
坂本龍馬が多すぎるんだよな。
基本的には「特・陸奥守吉行」の色替えモデルになってます。
…だってどう見てもそうじゃないですか実際。


刀身は重い亜鉛合金で、樋入り直刃。
まぁメーカーモデルの龍馬拵と同じ刀身ですね。

鞘塗りは上石目、下緒は青、コジリは銀の鍬型。
本当は太刀用鞘にすべき所ですが、指定も面倒だし値段も太刀扱いになると跳ねるし、
ということですっとぼけて、栗型のある打刀鞘にしました。
まぁ、上手くバンドつけたりして太刀風っていうかアレ実質海軍軍刀風か、な感じに吊ってください。


鍔は金の龍透かし、他の金具は銀で統一しています。
柄下地黒鮫、柄糸青。

…柄下地についてはひょっとしたら白鮫かも知れないんですが。
どっちとも取れたので、素直に格好良さを優先して黒鮫にしました。
(;´ω`)<正直ね。絵の中ならいいんだけどリアルだとこの青糸に白鮫ってすごい玩具っぽいんですよ個人の感想ですけど。

まぁそんな感じで以蔵最終形と最新型吉行でした。
御用の方は是非に…

あ、すいません今しがた陸奥守吉行・竜が売れまして店頭から無くなりました。
本当にすまない…とりあえずまた発注しますかね。

ほんじゃ今日の更新はこんなもんで。
また次回の更新でお会いしましょうー。


7/20
「う」は付いてないですが
2部2章は置いといて種火拾ったりしてますこんばんは。
余った種火で引いたレア鯖即レベルマとかまだまだ先よな。
(`ー´)<あ、あとワルキューレ出ました。
(;´ω`)<槍☆4は割と充実してるような。☆5は1人だが。

さて今日の更新ですが、実質一昨日の続きですね。
一昨日はWEAPONICAの銀の短剣を紹介しましたが、
今日はWEAPONICA本来のミニサイズの新作をご紹介っすよ。
「キンドジャール」です。
銀(925SV)のペンダントヘッドが税込5,800円、真鍮製のキーホルダーが税込1,800円です。

キンドジャールそのものの説明は…まぁこの辺(現在品切れ)でもしてるしいいかな。
コーカサス地方、コサックの伝統的短剣です。
鍔を出っ張らせるのではなく柄を細くしたデザイン、フルタング構造2ピン留めなどが判り易い特徴でしょうか。


サイズはこんなもん。
典型的なキンドジャールの形状ですな。

あ、そうそう。発音上「キンジャール」「キンジャル」のほうが原語に近そうな気がする今日この頃ですが、
マール社の「武器」で育った世代としてマール社翻訳表記準拠のキンドジャールで押し通してます。
(`ー´)<WEAPONICAの中の人も同様だったりする。


相変わらず細かいところまでよくでけてますよ。


参考までにfigmaに持たせてみると、やや大きめか。
大体ショートソードくらいですかね。
(`ー´)<キンドジャールは短剣~ショートソードサイズくらいまであるから問題ないな!


真鍮キーホルダーも例によって同型で、アンティーク的な趣があって宜しいかと。お手頃価格だし。

そんな感じで以上、WEAPONICA新製品でした。
ほんじゃ今日の更新はこんなもんで。
また明日お会いしましょうー。


7/18
※模擬刀剣枠です
2部1章クリアしましたこんにちは。
オジマンの宝具込みBBチェーンでアナスタシア第3ゲージの75%+ガッツ後全ゲージ削りきったのがハイライト。
(`ー´)<アナスタシアの宝具1回も見なかったなぁ。
(;´ω`)<控えにイヴァン置いてたの使わなかった…W孔明はやりすぎだったか。

さて今日の更新ですが、WEAPONICAからダイナミックな一点モノが届きましたので御案内。
WEAPONICAは武器型シルバーアクセサリーブランドですが、
その中の人が試しに作ってみた、小さくないフルサイズの「銀の短剣」です。
価格は税込140,000円となっております。
…桁が多いですか?でも銀の塊ですよコレ。
(`ー´)<しかも削り出しワンオフモデルとくればまぁ。


分類としてはDENIXのこの辺のダガー類とかと同じものですね。
あくまでも模擬刀剣ということになります。銀は大した強度無いのでね。
(;´ω`)<ファンタジーTRPG(SWとか)の銀製武器とかってどうやって強度保ってるんだろうな。
(`ー´)<フル銀じゃなくてあくまでコーティングとかなんじゃないの。知らんけど。


文字通りブレードは銀(SV950)製、刃長約18cm。全長は約30,5cm。
WEAPONICAの中の人が削り出しで成型したブレードの表面は、銀の地金そのまま。
ヒルト(鍔)とポメル(柄頭)は真鍮製、柄はサクラ材で、レザーの鞘付き。これら全部自作だそうです。すげぇな。


キンキンですぞ。
あ、ちなみに剥き出しの銀ですので曇ります。そこはそれ、磨きましょう。

模擬刀剣に使える素材(=一定以下の脆い金属)の中で、地金のままでもっとも見栄えがするのは銀だと思うんですよね。
亜鉛合金はくすんだ灰色だからメッキ必須だし、アルミは軽いし。真鍮は金色だし。
ただ唯一、とんでもなく値が張るって欠点があるけどね!


グリップ全体。
ヒルトとポメルはクリアコートがかかっており、曇らないそうです。


鞘に収めるとこんな感じ。
鉄と違って革の影響で錆がどうこうとかは気にしなくてよさそうです。
銀なのでそれとは関係無しに曇りますが(しつこい)。


鞘のボタンにはWEAPONICAのマーク。
鞘は構造上ベルトに吊ったりできるようになってますが、
一般的な模擬刀剣と同じく実際に吊って公の場を歩くのは銃刀法的にアウトですので自宅内などでお楽しみ下さい。


オマケ的に箱も付いておりますので、輸送や保管も簡単です。

既述の通りの1点モノですので、
滅多にないガチなフルサイズ銀の短剣、英語で言うとシルバーダガーが欲しい方、
よく人狼と戦う機会がある方、なんかこう…アレな赤い液体で魔法陣描きたい方、
魔法は使えないけど最低限物理無効の敵に対策しておきたい前衛の方など、
御用の方は是非に。

ほんじゃ今日の更新はこんなもんで。
また明後日お会いしましょうー。


7/14
ちっさいククリ
2部1章始めましたが現実との気象的ギャップが激しいですねこんばんは。
つまり暑い。
(;´ω`)<マジ暑い。
(`ー´)<マシュたち涼しそうだなぁ(-100℃)

さて今日の更新ですが、だいぶちっさい商品の御案内。
「極小ククリ(バッジ)」、税込620円です。


名前の通り極小で、ククリ本体の全長は約2,5cm、鞘に収めた全長で約4cm。
ククリ本体は真鍮製みたいですね。鞘は金属ですが素材不明。
デザインはサイズにしてはそこそこ凝ってますでしょうか。


いつものようにfigmaに持たせてますが大体丁度良いサイズですかね。
やや大振りナイフ級って感じか。


で、裏側はこんな感じ。
安全ピン…と言いたい所ですが針むき出しなので安全ピンにはならないのかなこの場合。
更に言うと一見バネ性がありそうに成型されていますが、
実際にはバネ性は無く、付け外しの際は針部分を「曲げて」作業することになります。
そういうモノなので予めご了承下さい。

そんな感じで以上、ちっさいククリのご紹介でした。
ほんじゃ今日の更新ここまでー。
また次回の更新でお会いしましょうー。


7/13
残り三振り
ウィークリー呼符で最後の水着召喚チャレンジしたらアサシン札が金色になりましたよこんにちは。
新宿のアサシンでしたが。
(;´ω`)<いや…持ってなかったからいいんだけどさ…。
(`ー´)<ニトクリス返して?

さて今日の更新ですけどもね。
一昨日に引き続き先んじてtwitterで紹介した居合刀の残りをまとめて御案内です。




加州清光 税込¥42,420

結構前からある商品ですね、扱ったのは確か初だったと思いますが。
居合刀の半太刀拵としてはだいぶ安価に上がってます。
(`ー´)<美術刀沖田総司拵の居合刀版って感じ?
(;´ω`)<まぁそうなんだけど大元は多分居合刀のほうが古いんじゃないかなー。この個体は多分大元のヤツの廉価モデルって感じ。


刀身約二尺四寸。
刃文は手元側が兼元三本杉のようなギザギザで、切先側が直刃の半々。
なかなか特徴的です。


鞘塗りは濃い茶潤みみたいですね。単独では黒にも見えますが。
銀の太刀コジリと柏葉が付いてます。


柄頭も揃いの太刀金具ですな。
表面仕上げから見る限り、ちょっと廉価な規格の金具であると思われます。
まぁ安さの秘密の一端でもあるのでしょう。

ちなみに黒鮫黒木綿柄巻で目貫は金の倶利伽羅剣ですね。


鍔は太刀によく使う葵鍔の形状ですが、櫃孔があるので打刀用ですね。
ある意味半太刀らしい鍔って感じでしょうか。

さて次。




和泉守兼定 税込¥55,080

これは判り易い現存参考モデルの土方兼定ですな。
他よりやや高価ですが、仕様をオミットし土方兼定としてはかなり価格を抑えた商品でもあります。
(`ー´)<土方は縁、頭、コジリ、鯉口、栗型の五点金具を揃えたり鞘の絵をちゃんと再現するとめっちゃ高額になっていきます。

刀身長は約二尺三寸でやや短く、これは現存する元ネタにあわせた長さです。
刃文もそこそこ似せてあるっぽい。


鞘塗りは赤い石目塗りといったところ。
鞘蒔絵は再現されておらず、ちなみにシールとかも付属してません。
あとコジリ金具も無し。この辺が価格抑えてるトコね。


鍔、目貫、縁頭は土方ベースの金具をそのまま採用しています。
大きく価格を上げる要素を排しつつ、できるだけ土方兼定にした、という感じでしょうか。

さて最後の一振り。




陸奥守吉行 税込¥50,130

吉行といえば龍馬の愛刀ポジションですが、
この商品の拵がどの辺を参考にしたのかは現状判ってなかったりします。
参考元ネタない可能性もありますが。
(;´ω`)<だって龍馬いっぱいおるし…。
(`ー´)<あの時代劇で差してたやつ、とかでマイナーなのだともう判んないぞ。

ちなみに刀身は二尺四寸五分、刃文直刃互の目入。
直刃は吉行イメージかと思いますが、まぁ普通の居合刀規格ですな。
鞘は普通に黒石目。


鍔が菊透かし、縁頭と目貫も菊図で、菊揃えの拵になっています。
柄下地が金鮫なのも特徴的ですね。
誰か元ネタについて何か知ってたら教えてください。

そんな感じで以上、残りの三振りでした。
ちなみに一昨日のと併せて五振りとも、只今絶賛展示場所不足になっておりますので、
店頭に来てモノがなかった際は試しに店員に訊いてみて下さい。あれば出てきます。

ほんでは今日の更新はこんなもんで。
また明日お会いしましょうー。


7/11
どうみても影響受けてる二振り
天の牡牛さんはフレの翁のお陰でノー令呪でフィニッシュしましたこんばんは。
やべぇな山の翁まじやべぇ。
(`ー´)<サンキュージッジ。
(;´ω`)<最後ギリギリだったが。令呪でHP回復くらいしてもよかったかもだ。

さて今日の更新ですが、先週先んじてtwitterで紹介しました居合刀から二振りご紹介。
どちらもウチ別注ではなく、比較的新しい問屋企画品ですね。



燭台切光忠 税込¥44,430

はい、燭台切ですね。
全体黒基調で鍔が金の丸鍔なのはいかにもな感あります。
刀身は約二尺四寸五分、普通の居合用刀身。


鍔はあまり見た事が無いモノですが、鉄製、金仕上げの丸鍔で龍図。
縁頭と目貫も龍で揃えてあります。

カラーパターンが独特で狙った感じですが、
あくまでも普通の居合刀としてご利用頂ける一振りですね。

さてもう一振りですが。



粟田口国吉『鳴狐』 税込¥44,430

メーカー名および箱の表記は「粟田口国吉」のみだったのですが、
仕様を踏まえ空気を読んで敢えて「鳴狐」を付け足しておきました。

刀身は約一尺八寸、真鍮製樋無し刀身。
長さと樋無しの辺りは明らかに狙ってる仕様ですな。


重い真鍮に加え樋が無いため、この長さではなかなか無い重さになっていますよ。
具体的にはさっきの普通の居合用合金刀身である燭台切より短いのに重い。


さすがに鍔は狐透かしではありませんが、丸型で金の龍透かしになってます。
縁頭目貫は龍図、柄下地は暗めの赤鮫。

鳴狐としても居合刀既存部品で出来る範囲としてはかなり頑張ってますし、
その辺別にしても小太刀サイズで重い居合刀を欲しい方にもオススメできる一振りです。
というかコレ仕様の割に大分安い気がするんですが。
(;´ω`)<一尺八寸真鍮樋無しつったらもっと高いのが標準だと思うんですが。

そんな感じで以上、比較的新しそうな二振りでした。
ほんじゃ今日の更新はこんなもんで。
また明後日お会いしましょうー。


7/7
大鉄棒
七夕っすねこんにちは。
七夕に絡めた更新は昔やった気がするので普通の更新です。
(`ー´)<まー七夕図の土方とか笹竹系くらいしかないしなぁ。
(;´ω`)<1回やったらネタ切れ必至。

さて今日の更新ですが。
7/4紹介の超特大手慣らし鉄棒(1本売れて現在ラス1)に引き続き、
問屋倉庫からひょっこり出てきた重量級アイテムをご紹介。
「六角大鉄棒 五尺」です。税込23,830円
名前の通り約150cm。

過去に紹介したことがある商品ですが、厳密には表面仕上げが違ったかな?
まぁ、些細な問題です。


ウチで通常取り扱っている商品「六角鉄棒 四尺(税込¥9,400)」と並べてみると、
大人と子供の差がある感じですな。


長さだけでなく、径もこれだけ違います。
結果として六角鉄棒四尺の約7kgに対し、
六角大鉄棒五尺の重量は実に14kg弱。ほとんど倍。
それなりに腕力に自信がある方でも実際に持ってみると軽く引くくらいの超重量ですよ。

ちなみにそもそも別注品であった先日の手慣らしとは違って、
大鉄棒はその気になればまた生産できるらしいのですが、
生産ロットを満たせるのかとか問屋に置き場があるのかといった要素から、
実際に問屋が再生産する気になるかは甚だ怪しいので、御用の方はあるうちにどうぞ。

ほんじゃ今日の更新はこんなもんで。
また次回の更新でお会いしましょうー。


7/6
DENIXがきーたぞー
なんか今月はEO安定突破できないなぁこんばんは。
伊勢改二を使ってみてるから、というのもあるかもですが。
(;´ω`)<持っていける装備は増えるんだけど能力値は決して高くないからなー。
(`ー´)<十分ではあるんだけどね。代わりに下ろすのが長門とかだもんな。

さて今日の更新ですが。
DENIXの輸入がありまして、一時切れてた商品があれこれ復活しています。
なのでとりあえずその中から、暫く無かった商品などピックアップして紹介していきますよ。
なお同時に価格改定もありまして、今回は商品によって上がり幅がまちまちなんですが、
併せて新価格も適宜お知らせです。



SS短剣 税込¥4,790(新価格)

お馴染みSS短剣ですね。
鎖付きはまだ在庫あるんですが、鎖無しのこちらは暫く品切れしてました。
今回入荷とともに価格が変わりましたが、鎖付きのほうも改定前在庫が無くなると価格が変わる予定です。

あ、あとグリップの仕様が微妙に変わってるのもそのうち紹介しないとかも。



エンフィールド1853マスケット銃 税込¥29,870(新価格)

これも暫く品切れしてました。
エンフィールドはエンフィールドなのでスナイダーの代わりにならなくもない。



ナポレオンピストル ニコラ=ノエル(金) 税込¥9,840(新価格)

銀のほうはまだあったんですが金は暫く切れてました。
銀のほうも今の在庫が無くなると価格改定になる見込みです。



フリントロック・トゥーラ 税込¥5,690(新価格)

エカチェリーナ的なやつ。
これもやっぱり暫く切れてまして再入荷とともに価格が変わってる感じです。


本来は時期も時期ですし、同じく問屋切れだったブラウンベスも入荷案内と行きたかったのですが…
今回の輸入でブラウンベスは入ってないっぽいです。残念。
DENIXの輸入発注から輸入までは結構間があるんですが、恐らく発注当時は在庫が十分あったのが、
ここ最近の流行的なアレで通常より早くモノが無くなってしまい、輸入品が届く頃には全滅してた、
みたいな事なんでしょう。多分。

というわけで想定外に来てないものとかもありますがともあれ宜しくどうぞ。
ほんじゃ今日の更新はここまで。
また明日お会いしましょうー。


7/4
誰だこんなもん考えたの
高難度クエ面倒そうだったので早めに令呪4画ぶっこんで終わらせましたこんにちは。
思い切りも時には必要だしかといって石投げるのも勿体無いし。
(`ー´)<まぁ石も必要と見れば投げますが。
(;´ω`)<令呪までは与えられたルールの範囲内という認識。

さて今日の更新ですが、なんか問屋の倉庫からまた妙な商品が出てきましたのでご紹介。
「手慣らし鉄棒(超特大)」、税込18,680円です。

元々問屋が企画してウチが仕入れなかった商品に、
手慣らし鉄棒(現在税込¥4,140)の大重量版みたいなのがあったんですが、
今日のコイツはその大重量版をどっかのお店が別注で更にビッグでヘヴィにしたそうで、
非常に愉快でベリーヘヴィな物体となっております。

でまぁ、その残分が倉庫に眠ってたのをウチが引き取ってきたというわけですな。


既存の手慣らし鉄棒を横に並べると親子どころか最早別物といった感。
全長約43cm、最大径約6cm、重量約6kg。
6kgの鉄塊を端にしかない柄で片手で持ち上げるのってすごい大変です。


柄部分にはなんか線が引いてありますが有用性は不明です。
グリップエンドに穴が空いてますが、間違っても紐を通して手首を通そうとか思わないほうが良いでしょう。
なんかあると手首を激しく損傷すること請け合いです。


錆び止め用に全体塗装がしてあり、黒ツヤ仕上げですが画像のように塗りムラ的な箇所がそれなりにあります。
この塗りムラはこのメーカーの商品において普通のことであり、店頭の同じ塗りの商品を見ても大体ドコかしらあります。
つまり仕様なんですが、コイツは太い分平面が広いので、他より目立つんですね。
(;´ω`)<まぁ、こういう物体を欲しがる方であまり表面の仕上げの綺麗さに固執する方は多くない気もしますが念のため。


ちなみに問屋倉庫からは2点出てきており、この2点限りとなっております。
元々が別注品でウチが別注してるわけでも無いものですから、
多分これっきりになるかと思われます。
御用の方はお早めに。

ほんでは以上、今日の更新はこんなもんで。
また明後日お会いしましょうー。


6/30
岡田以蔵っぽく作ってみた
戦果が微妙なので5-4回りながら更新書いてますこんばんは。
なんでこんなギリギリになったんだ…あぁイベントのせいか。
(`ー´)<普段のイベントならそもそも戦果にならんかったところなんですが。
(;´ω`)<みんながそこそこイベントで稼げちゃってるのが問題というか。

さて今日の更新ですが、美術刀の別注モデルを三振りご紹介。
ウチ別注で作られた試作品です。


岡田以蔵拵 税込¥9,130
岡田以蔵拵/脇差 税込¥8,640


割り切って最初から大小揃いで作ってみました。
本商品は実在の人物である岡田以蔵及び幕末的なイメージで構成された拵であり、
特定のアレやコレやとの関わりは云々かんぬん。

ちなみにメーカー標準モデルで岡田以蔵拵という商品は存在するんですが、
コレとは全くの別物です。
(;´ω`)<まぁ、その…あまり武装商店の好みではない仕様だったんで仕入れたことは無いんですが。


刀身は色々考慮した結果大小とも軽量なアルミ刀身になってます。
…中身が判る要素が少なくてさぁ…。
まぁ腰に差したい方には軽くてよいでしょう。
(`ー´)<もちろん重いのが欲しければ特注とか承れますぞ。

あ、鞘に布巻いたりしたい人は各自適当にやって下さいね。
包帯みたいなの適当に汚しかけて巻けばできるんじゃないかな?多分。

あと鞘塗りは今回朱呂になってます。
幕末といえば朱鞘ということでそのまんま朱色にしましたが、
もっと暗い色でもいいかもな、とは思いました。
まぁ思ったから今度はそうするというわけでも無いんですけど。
思っただけ。
(`ー´)<この辺は個人的な好みの問題だしなぁ。あ、もちろん暗い色で特注してもいいのよ。


鍔は丸い金の龍図、大小揃い。
柄は白鮫黒糸金具金と。まぁ普通ですね。

さてもう一振りですが。


岡田以蔵拵 弐 税込¥9,960

試作なのにもう弐があるとかいう不思議なアレ。
先の大小よりもなんか悪そうっすね。ダイレクトな人斬りイメージという感じか。
そういうことなので人斬りらしく(?)、


赤い刀身にしてみました。
確か過去に試作で一度扱ったことがあったかな。
黒刀身と同じく、塗装によるものです。
厚くてそこそこ強力な塗膜ですが、長期的に見れば剥げる場合がございます。
予めご了承下さい。


ちなみに昔扱ったときは樋なし刀身だったんですが、
今回は樋入り刀身になってますね。
ここは発注時に特に指定してなかったので、
たまたま樋入りの赤刀身がメーカー在庫にあったのだろうと思われます。
(`ー´)<普通の刀身にクリアレッドとかで塗装したほうが格好は良さそうかも。
(;´ω`)<それこそ速攻剥げそうな気がする。

あ、あと鞘塗りは上石目、鞘金具黒、下緒黒ですね。


柄の辺りはこんなもん。
鍔が丸い銀の龍図、柄下地が黒、柄糸赤、金具銀。
さっきの大小の色合いを反転闇落ちでもさせたかのような色パターンですな。

以上、試しに作ってみた岡田以蔵拵でした。
御用の方は是非に。

参はなぁ…まぁ細かい金具は適宜妥協するとして、
脇差の赤鮫って無いんだよな…どうしよっかなー…。

ほんじゃ今日の更新ここまで。
また次回の更新でお会いしましょうー。


6/29
あれ紹介してなかったっけ案件
ちょっとだけ課金したけど箸にも棒にもかからなかったので石は取っておこうと思いましたこんにちは。
とっといて何に使うか未定ですが。新水着イベ辺りになるのだろうか。
(;´ω`)<そこは水着キャラ次第になりそうだけど。
(`ー´)<誰が来るんすかねー。

さて今日の更新ですが、店頭にある居合刀のうち「…あれ、これちゃんと紹介してなくね?」
というのが1点発見されましたので、それ紹介です。
まぁ過去試作やらなにやらで別バリエーションはいっぱい扱ったんですけどね。現行モデルはまだみたいでした。
「備前介宗次 平造り刀身/黒石目」、税込70,140円です。
名前のバリエーションが微妙に豊富で半蔵愛刀とかHANZOとか名前にくっつく事がよくあります。


商品名の通り、鎬のない平造り刀身が特徴です。
平造り自体は一般的にもっと短い刀、短刀や脇差でよくある造りなんですが、
これは二尺四寸ちょいの打刀です。



ハバキ元から切先までのっぺり平たいですね。
好みは分かれるデザインですが、真鍮製で幅広、ついでに樋もないので、
抜き身重量が1160gとやたら重いのがポイントですかね。
あ、あと鞘は普通の黒石目塗です。


拵はわりと普通の感じです。
白鮫黒木綿柄巻、燻し銀の石目肥後金具。


目貫は龍図、鍔は通称アワビ鍔というやつですな。
拵の元ネタは確かそのまんまHANZOなんでしたっけか。

そんな感じで以上、居合刀のご紹介でした。
御用の方は是非に。

ほいでは今日の更新はここまで。
また明日お会いしましょうー。


6/27
定点観測じゃい
新イベから復刻イベに直結っすかこんばんは。
まぁ適当にアレしたいと思います。
(;´ω`)<連続でライダー配布されてもなんかちょっと困る感ある。
(;`ー´)<有能みたいだしいいんじゃないっすかね。

さて今日は毎度お馴染み定点観測です。
なんか来月の定点観測で13周年だっけ?らしいですよ。すごいね。
(`ー´)<雑ですが仕様です。

まぁとくに13周年で何かがあるという予定はないんですけどね。
半端ですし。素数ですし。死神ですし。それいったら来年も半端極まりないですが。
あ、そういや東京オリンピックの年で15周年なんすね。へー。

まぁともかく今日の定点観測。
とくに言うほどのアレはなかった気がしますが。


古式銃は常時あるだけは仕入れてますよ。
なんかアニメもあるみたいなのでアッピルしておく。


美術刀は最近脇差のバリエーション追加に目覚めてます。
とはいえ無節操に増やしてもアレなんで適当に思いついたら増やしたい。


季節物ということで海外製鉄扇も取り扱い復活してますね。
まぁ海外製ですので例年通り出来はうん、まぁ…そうねぇ…。
国産もあるのでよろしくね。高いですけど。

大体今月の定点観測はこんなもんですかね?
ほんでは以上、今日の更新ここまで。
また明後日お会いしましょうー。


6/23
美術刀脇差の新提案とか何とか
ぐだぐだのミッション全部終わったのであとは適当に色々集めるだけですこんにちは。
高難度クエもなんか適当にやる。
(`ー´)<単体だけどクラスチェンジしまくりとかめんどい。
(;´ω`)<開幕なんとかしたらあとはフレ枠の沖田ちゃんとかがなんとかしてくれるんじゃないの。

さて今日の更新ですが、新しい美術刀の脇差を3点別注してみました。
もともとメーカー標準で出している脇差は数が少なく、
とくに脇差専用の鍔(大刀の鍔と揃いで一回り小さいもの)は種類が大変少ないので、
大小綺麗な揃いの美術刀はあまり無いんですよね。

そこに来て、ちょっと前にメーカーの新たな脇差用鍔として、


この喰出鍔が出来たんですね。
大変宜しい。武装商店は小さい鍔大好きです。
(`ー´)<ちなみに柄と鞘のラインが一致しないのが喰出鍔だと目立つんですがまぁこれは仕様です。
(;´ω`)<元々このズレは美術刀脇差では仕様だからね。鍔がちっちゃいと目立つというだけのことです。

いや好き嫌いは置いといて、これであればどんな大刀の鍔と揃いにしても違和感がありません。
まぁ喰出鍔そのものについて好き嫌いはあるかと思いますが、
無理矢理大刀の鍔を小刀に入れたりしなくても、無理なく大小拵が作れるってわけですね。
(`ー´)<まぁ出来るんだけどね。どうしても大小で鍔が完全に同じだと並べたときに違和感が出る。

というわけで、とりあえず今回作ってみたのが画像の3点。


伽藍/黒石目 小 税込¥6,970

黒石目小の鍔を喰出に、柄下地を黒鮫にしたもの。喰出鍔の脇差としては一番安価な仕様。
喰出にすると若干値段が上がるのは仕様です。


元々黒石目大小の鍔はちゃんと揃いのがありますが、
これはこう…例えば単独でニンジャの後ろ腰に装備したらいいんじゃないの?という感じ。



姫鶴一文字揃い脇差 税込¥9,790

メーカーモデルの姫鶴一文字に揃えた脇差。
刀身は揃いのが無いので樋入り直刃にしました。


姫鶴一文字は元々喰出鍔ですので、
何も考えずに揃いの脇差になりましたな。
別にセット売りとかではないので既に大の方持ってるのに合わせて欲しい方とかも是非。



虎徹揃い脇差 税込¥8,130

ウチ別注の虎徹に揃えた脇差。
元ネタ的には大一振りだったかと思いますが作ってみた。


並べるとこんな感じ。鍔以外共通ですね。
普通に鍔がある大に合わせて喰出鍔の小を作って並べるとこんな感じになるよ、
という例として虎徹にしてみたんですよ。


今日の3振りは商品ですのでもちろんご購入頂ければ何よりなのですが、
他にも、既にお持ちの大刀に合わせて脇差が欲しくなったとき、
選択肢のひとつとして脇差用喰出鍔を使った美術刀特注というのを提案していきたい。
無理なく大小揃えられますよ。

あ、もちろんサイズ違わなくて良いから大刀と同じ鍔付けたい!
などのご希望もあれば出来る限りは承りますとも。その為の特注です。
(`ー´)<出来ないものはできないけどね。脇差の赤鮫とかは相変わらずメーカーに無いし。

という事で以上、今日の更新はこんなもんで。
また次回の更新でお会いしましょうー。


6/22
げんれいー
そういえば佐鎮の噴進砲改二が5個になりましたこんばんは。
さすがにもう要らんかな…正直4個あれば大抵は足りると思う。
(`ー´)<3-5とかの安定感が大幅UP。
(;´ω`)<まぁもちろん事故る時は事故るけど。

さて今日の更新ですが、げんれい工房製品が入荷しましたのでソレです。
いつも通りあれやこれやが再入荷しておりますが、今回また久々にアイツが入荷しました。


バーゲン争奪戦用手提げホルダー 税込¥3,780

減摩合金製手提げホルダーですね。
メリケンがサックい感じのナックル的なアレと手提げホルダーが狂気のドッキング。
なお減摩合金はお世辞にも頑丈とは言えない金属ゆえ、
何にしても強度はありませんので予めご了承下さい。


手にしっくりなじむような気がする(個人の感想です)。
約290gで普通に重いぞ。


注意書きをよく読み、用法容量を守って正しく扱ってください。
まぁ直截的に言うと「実用品じゃねーから使うな」って内容ですが。
あと融点が低くて熱に弱いからな!摂氏220℃以上のところには置くなよ!絶対だぞ!
(;´ω`)<どこだよ。

なお毎度のことですが、本商品はげんれい工房がたまに作って、
イベント頒布などした際の残分がウチに回ってきます。
不定期かつ少数の入荷が基本で、今回もそんな感じですので、
御用の方はお早めに。

あとはいーつものー。


~今日の納品書&請求書Ψ中~

斉木くんの等価交換式アポートって納品と支払いが一瞬で終わって便利そうだよね。
(;´ω`)<いきなり読んでないとわからん話に飛ぶな。
(`ー´)<なんやかんや面白かった漫画だ。

そんでは以上、今日の更新はここまで。
また明日お会いしましょうー。


6/20
シャルルヴィルカービン
うわぁ、なんだかぐだぐだになっちゃったぞこんにちは。
そして事前の積み重ねによって開始と同時に半分くらい陣地消えるCHACHA。
(;´ω`)<一応後半見越して英霊兵とか余分に倒しといたからね…。
(`ー´)<そりゃー英霊兵倒すミッションあるよね。

さて今日の更新ですが、
確か過去に仕入れたことはあるんですが更新ネタにしたことは多分無い、
久々に仕入れたDENIXのマスケット銃から1挺ご紹介。
「シャルルヴィル・カービン」、価格は税込15,940円


シャルルヴィルはそのまんまマスケット銃のシャルルヴィル
カービンは主に騎兵用に作られた短縮モデルの呼称のひとつですな。
まぁカービンの言葉の元になったカラビナは本商品では省略されていますが。
他にもドラグーン(竜騎兵)バージョンとか色々呼び名はあります。


名前の通り、同メーカーのシャルルヴィル(本体全長約140cm)に比べると、
だいぶ縮んで112cmほどになっています。その辺の日本刀よりちょっと長い程度まで短縮されました。
なお、この商品に銃剣は付属しません。

対騎兵用に槍として使える長さが欲しいマスケットに対して、
騎兵用(カービン)→馬乗るのにマスケットだと邪魔だから短くする
砲兵用→大砲扱うのに長いと邪魔だから騎兵用と同じで短くする
海兵用→船上で扱うのに長いと邪魔だから騎兵用と同じで短くする
とか、色々理由があって短いモデルがあるわけっすな。
(;´ω`)<けっこうバリエーション豊富。
(`ー´)<結構細かくバリエーションとか手造りの時代ならではの個体差長さの差とか色々あって大変ぞ。


デザイン的には銃身部分が短い以外、殆ど同じになってます。
用途ってのも変な話ですがシャルルヴィルとか欲しいけど家にこんな長いもん飾れるか!
という方にオススメしときたい1挺ですね。
短い分値段も安いし。

そんな感じで以上、今日の更新はこんなもんで。
また明後日お会いしましょうー。


6/16
がるばるでぃ
山盛りの新任務はちょっとずつ進めたらええねんこんばんは。
…でも6-5はどうしようかな、クリア済みの空襲ないうちにこなした方がいいかな。
(`ー´)<まぁ、クリア自体はそれほど苦でもなさそうだし。
(;´ω`)<伊勢が強いからな。

さて今日の更新ですが。
HGガルバルディβが出てましたのでガンプラ更新です。
本当は昨日購入してましたが完成しなかったので今日になりましたのです。


というわけでガルバルディβ完成ー。
うーんガルバルディですね。格好いい。
今から見たら古さがあるのは仕方ないですが。だって実際古いですもの。

しかしモノアイ、元サイズと同等のクリアパーツに差し替えましたが、ちょっとデカいかもですね。
クリアパーツにするならもうちょっと小さいのにした方がバランスいいかも?

なんかガルバルディβのキットは今まで不遇だったみたいですが、
本キットはちゃんと今どきの構造で

よく動きますね。
というか基本デザインそのままでよくそんなに動くなとか思ったり。
(;´ω`)<二重関節で無理矢理動けるようにしてる感はあるけどね。


ゲルググのと似たビームライフル。
果たしてビームライフルにストックは必要なのだろうか。


肩ビームサーベルマウント。
いろいろあって肩にマウントされてることになったらしいぞ。

…なんかあちこちの話を纏めると本当はバックパックから生えてくる設定だったんだけど、
シールドの裏にマウントされてることもあったりして曖昧で、
TV版ライラの最期のシーンで肩から出しているように見えることから、
劇場版作るに当たって肩から出す新設定が生えた、ということみたいですね。多分。
(;´ω`)<TV版の壊れた肩パーツの下にある黒丸はなんのつもりで描かれたんだろうね。と思いました。


しかしとりあえずビームサーベルの柄、
肩に真っ直ぐ納まりそうにないのですがそれは。
(`ー´)<立体化の都合!立体化の都合でビムサの柄が大きめなだけだから!多分!

というわけで以上、ガルバルディβでした。
ほんじゃ今日の更新はこんなもんで。
また次回の更新でお会いしましょうー。


6/15
ダミーカートリッジ…これはダミーではないのでは?
黒潮のレベルが微妙に足りなくて上げたりしてましたこんにちは。
伊勢改二やべーな一人で彩雲飛ばしながら制空権確保して開幕爆撃しつつ連撃放ってるぞ。
(;´ω`)<実艦じゃ無理がありすぎる挙動だな。
(`ー´)<出すたびに装備に迷うレベル。

さて今日の更新ですが、ダミーカートリッジが各種補充とかされまして、
そんな中で新たな弾が来たのでご紹介いたします。
「ミニエー弾」、1発360円


長さは約27mm、.58口径または.577口径といったとこですかね。
普通に鉛製なのでしゃぶったり飲み込んだりしないように気をつけましょう。
(`ー´)<.58口径はスプリングフィールドM1861とか、.577口径はエンフィールドマスケットとか。
(;´ω`)<殆ど誤差レベルなのでどっちと言い張ってもいいかと思われます。ローレンツはもうちょっと口径小さいらしいな。

ちなみにミニエー弾にはそれなりにバリエーションがあったりしますので、
この形が絶対正解というわけではありません。まぁ細部違っても基本的なところは大体同様ですけど。


底が空洞になってるのが特徴ですね。
火薬の爆発をこの空洞が受け止めて弾の薄い所が膨らみ、銃身内側のライフリングに食い込む構造です。
前装式(銃口から弾を入れる)銃は内径より若干口径大きい位の弾をかなり努力して捻じ込まないとライフリングが活かせなかったのが、
ミニエー弾によって内径より細い弾でもライフリングを活かせるようになりました。
簡単に装填できるのにライフリングの力で遠くまでよく当たる、当時非常に画期的な弾だったと言えましょう。

DENIXのエンフィールドマスケットがあればご一緒にいかが、と言いたい所なのですがそっちは現在問屋品切れ中だったり。
まぁ、そっちはそっちで適宜復活する予定です。

そんな感じで以上、ミニエー弾でした。
御用の方は是非に。

ほんじゃ今日の更新はこんなもんで。
また明日お会いしましょうー。


6/13
やすいてっせん
艦これメンテ延びましたねこんばんは。
しかし岡田以蔵の刀どれだよ。再臨で刀コロコロ変わるみたいじゃねーか。
(`ー´)<そもそも以蔵って借り物の刀でバンバン人斬りやってたんじゃなかったっけ。竜馬の話が有名なだけで。

さて今日の更新ですが。
例年通りに暑くなってきたという事で、海外製の和式鉄扇、廉価鉄扇シリーズを仕入れました。
海外製の廉価な鉄扇は質が宜しくない分価格が宜しいのが特徴です。
あと柄入りの物が無節操にバリエーション豊富なのも特徴ですね。
安く済ませて1シーズン保たせると思えばこれもアリ、でしょうか。多分。
(;´ω`)<まぁ下手に使うと一瞬でアレな事になりますけど…。



八寸廉価鉄扇/黒 税込¥5,180

ベーシックな真っ黒モデル。価格も最安。
実際現行国産モデルの3分の1近い安さですからね。
精度や紙の薄さ、鉄板の強度など全面的なダウングレードになってますので価格相応なんですが。




八寸廉価鉄扇/真田六文銭 税込¥7,340

黒地に金の真田六文銭、裏には署名と花押。
比較的大人しくも格好いい柄物ですね。




八寸廉価鉄扇/新撰組・土方歳三 税込¥6,910

こちらは新規取り扱い。
新撰組モデルに土方の名前と家紋入り。
表は判り易いだんだら、裏は白地でそれぞれ誠の一文字と。


名前は特に署名とかそういうのではないですね。普通に名前です。




八寸廉価鉄扇/新撰組・沖田総司 税込¥6,910

こちらも新規取り扱い。
新撰組モデルに沖田の名前と家紋入り。
名前と家紋以外は土方と共通です。


家紋。
やっぱり名前はそれっぽいフォントであって署名とかではないですね。
(;´ω`)<隊士の直筆署名とかあんま残ってなさそうな。

そんな感じで以上、久々に仕入れた廉価鉄扇各種のご紹介でした。

ほんじゃ今日の更新はこんなもんで。
また明後日お会いしましょうー。


6/9
ちょっと久々な気もする居合刀特注紹介
食材拾いが割と順調でサンマ缶ぶんの定食は作れそうですこんにちは。
カタパルト3個…いやそこまで要らんか…。
(`ー´)<別に作っちゃっても構わん気もするが。
(;´ω`)<入手手段限られてるからな。

さて今日の更新ですが、お客様のご注文に基づいて製作された特注居合刀のご紹介です。
例によって紹介に当たり、お客様に掲載許可を頂いております。
(`ー´)<あじゃじゃす。
(;´ω`)<ありがとうございます。

そういうことで画像の一振りですが。
実は前回紹介した(2/17)ものと同じお客様による特注品だったりします。
前回も大小でかなり尖った仕様でしたが今回もキンキンです。
(;´ω`)<前と同じで、今同じ仕様で作るの厳しいんじゃないかな。たぶん。



刀身は二本樋同田貫刀身の二尺、刃文は虎徹。
写真では二尺の割に短く見えるかも知れませんが錯覚ですね。幅が広いせいです。


鞘は黒石目、下緒は化繊の繁打風、黄地に黒斑。


柄下地金鮫、柄巻黒木綿。
目貫は(何故か当時拡大撮影し忘れてますが)多色の龍虎図。


鮫は親粒入りですね。
ゴールデン。



縁頭は多色の虎図。

まぁここまででかなり「虎」にこだわった拵なのは判るかと思いますが、


そこでこの鍔である。にゃーん。
前回と同様、持込の図を元に手造りで作られた鍔です。

全体的に、色合いと意匠についてかなりこだわった一振りになってますな。
(`ー´)<刀身が太くて短いのはジャガーのイメージ…
(;´ω`)<跡付けで適当なこと言わないの。

こだわりのオンリーワン居合刀を特注したいという御希望がございましたら、
遠慮なくお問い合わせ下さい。
まぁ出来ない事は出来ないので出来る限り応じさせて頂きます。

ほんでは以上、今日の更新はこんなもんで。
また次回の更新でお会いしましょうー。


6/8
WEAPONICA茎ペンダント編
次イベントまでの僅かな間にメインストーリーを…いや他にすることあるし別にいいか。こんばんは。
あと食材拾いも任務分は終わりました。最後の跳梁で御食事券もう1枚くらいは取ろうかな。
(`ー´)<大忙しである。
(;´ω`)<食材はちゃんと出るのかなー。

さて今日の更新ですが、
多分WEAPONICAの茎型ペンダントヘッド各種はまだ纏めて無かったよね?
と思ったので纏めです。
全て925SV製で、茎型各種については真鍮差分無しとなっておりますので予めご了承下さい。

あと茎型じゃなくて刀身全体だけど同類の鯰尾も一緒に。
こっちは真鍮キーホルダー版(¥1,800)もあります。


鯰尾藤四郎ペンダント 税込¥5,500

文字通り、鯰尾藤四郎の刀身形状を模したペンダントヘッド。
ちゃんと立体的に鵜ノ首型を再現しており、銘も入ってます。


宗三左文字ペンダント 税込¥7,000

宗三左文字の茎を再現してます。
形状もそうですがやはり銘が圧巻。字数的な意味で。


裏表とも再現。
金象嵌の再現で全体メッキ→剥がして銘の字の中だけ金を残すという処理をしています。
(金の残り方には個体差があります)
(`ー´)<まぁ本物のほうも大概けっこう金象嵌落ちてるのである意味リアルな気もする。


五虎退ペンダント 税込¥7,000

五虎退の茎を再現。
これだけ短刀なので、ノンスケール縮小の結果逆にちょっと大きい感じになりますが仕様です。


歌仙兼定ペンダント 税込¥7,000

歌仙兼定の茎。
二代兼定の銘も再現。うーん全然兼定って読めないな。
(`ー´)<字下手あじわいのあるフォントですね!


村正ペンダント 税込¥7,000

村正の茎。
銘のフォントがマジかっこいい。


長曽祢虎徹ペンダント 税込¥7,000

虎徹。
銘は跳ね虎ですね。


加州清光ペンダント 税込¥7,000

加州清光。
「沖田の使った清光」は無いので、別の現存個体を参考にしてます。


そんな感じで以上、茎型ペンダント+αのまとめでした。
ほんじゃ今日の更新はこんなもんで。
また明日お会いしましょうー。


6/6
ひきかえけんの新たな使いみち(試験運用)
経験値稼いで歯車もモリモリ手に入るとか最後のハントは美味しゅうございましたこんにちは。
あ、あとサモさん狙ったらサモさん出ました。
(`ー´)<ついでに殺札で60越えまで育成しますた。
(;´ω`)<大成功UPまで加味するとやれるだけやってやれがジャスティスだった。

さて今日の更新ですが。
ひきかえけんの新たな使い道として、美術刀の簡易修理代、というものをちょっと試してみよう、というお話です。

美術刀はいままで基本的にメーカー修理という概念がありませんでした。
美術刀メーカーでは修理を請け負っておらず、メーカー修理しようとすると居合刀の職方に依頼するしかなく、
そうすると居合刀の修理費と同じコストになり、美術刀ならもう1本買った方が良さそうな金額になってしまうためです。

しかし10数年美術刀と付き合う中で、美術刀は多少なら店頭でも色々いじれるようになってきましてな。
簡易な(極端な話、器用な個人でも可能な程度の)修理であれば店頭でも出来るようになりました。

とはいえ技術料に現金いくら取って良いのかは判らん!ということで、
ひきかえけん使用での修理請負を致します。

店頭で出来る範囲ですので、出来ない事は出来ません。
以下出来る事の例を挙げてみます。


鯉口緩みの改善

画像のように逆さに吊ると、刀身が抜けてきてしまうなど、緩くなった鯉口を、きつく修正します。


鍔のかたつき

理由は様々ですが鍔ががたついて動いてしまうような状態を、動かないように直します。

この二点については、よほど重篤でなければ修正可能です。
ちなみに直し方は個体の程度によってこちらで判断、選択しますので、予めご了承下さい。
またそれ以外も直せると判断すれば対応します。

また、逆に絶対に直せない例としては、
・刀身のキズ
・鞘のキズ、塗装剥がれ
・金具類の傷み、ヒビ
などですかね。
部品そのものが傷んだり欠損しているのはどうしようもないです。

とりあえず思いつきに近い試験運用ですし、
美術刀の現物を見てみないとなんとも言えません。

そこで、

1.武装商店の販売品のみ受付
ウチで売ってないものは受付不可とさせて頂きます。

2.店頭でのみ受付
現物を持ち込んでもらい、その場で可不可の判断をします。
剥き出しは銃刀法的にアウトなのできちんと梱包してお持ち下さい。

3.状態の著しく悪いものは受け付け不可
振り回して叩き付けた疵がある、明白に分解/改造した痕跡がある、など、
明らかに美術刀の範疇を越えた使用形跡が見られる場合はお断りする場合がございます。

以上を踏まえて、もし御希望ございましたらご利用下さい。
修理受付可能と判断した場合、その場でお預かりし、数日~一週間程度で仕上げる感じになる見込みです。

で、肝心の必要Gですが、
とりあえず現時点ではどう線引きすればいいかも不詳ですので、
ひとまず美術刀1本1回につき3Gとさせて頂きます。
(`ー´)<3Gで出来ない事は受け付けない、という意味でもありますが。

あ、あと居合刀は元々メーカー修理やってますし、現金で修理受付しておりますので、
そっちをご利用下さいね。

御用の方はとりあえず店頭まで。
そんな感じで以上、今日の更新はこんなもんでした。
ほんじゃまた明後日お会いしましょうー。


6/2
紹介できない特価刀
今日からのハントもクラス不一致でしかも剣って最初の骨と被ってるじゃんこんばんは。
クラスなんか気にせず使えって言われそうですがまだそんな段階じゃない程度の初心者なんすよ。
(`ー´)<勿体無い勿体無い。
(;´ω`)<そもそも吝嗇なだけなのでは。

さて今日の更新ですが、紹介できない商品の御案内です。
…紹介できないのに御案内ってなんなんだろうね。

とりあえず箱入りの状態で撮影しましたが、居合練習刀と居合刀で計6点。
諸々の事情で処分特価品として仕入れてきたものです。
特価なのは瑕疵の類によるものではなく、まぁなんやかんやあったみたいです(雑)

武装商店としても、ちょっとログを残しておきたくないくらいお買い得設定なので、
こういう扱いになりました。

でも名前は載せます。
名前で大体仕様は判る。はず。

樋入りアルミ二尺三寸五分
少年用居合練習刀二尺二寸 黒呂
居合練習刀 竹揃え 黒呂


以上が居合練習刀扱いの3点。
居合練習刀の通常価格と比較しても大分安価です。


土方歳三拵/和泉守兼定 三点金具/焦茶石目鞘/紺下緒
鬼之包丁/鬼神丸国重 堆朱塗鞘/牛本革柄巻・下緒
小烏丸 樋入り切先諸刃刀身/篠笛塗鞘


以上が居合刀規格3点。
色々盛った豪華仕様ですが、そこから予想される金額を大きく下回ってます。いやほんと。

以上6点、画像含めた詳細解説が出来ないこともあり、
原則「店頭販売のみ」とさせて頂きます。何卒悪しからずご了承下さい。
気になる方はまず店頭まで。
只今とりあえず店頭に多少無理矢理にでも展開せなな、と準備してる所です。

ほんでは以上、今日の更新はこんなところで。
また次回の更新でお会いしましょうー。


6/1
ステッキ型仕込杖
まだまだFGO初心者の身としてはハンティングクエストの経験値札が結構ありがたかったりするんですが、
ヒュドラハントはクラスが揃ってなくてやや微妙な気分ですこんにちは。
(`ー´)<ラミアはおいしかったです。
(;´ω`)<まぁ、ある程度回りますけど。経験値足りないライダーぞろぞろいるんで。

さて今日の更新ですが、先んじてtwitterで流しました上仕込杖の変り種ですな。
「上仕込杖 竹彫ステッキ型 小烏丸刀身」です。…名前長いというか属性多すぎというか。
価格は税込29,900円

名前の通りなんですが上仕込杖規格で、柄がよくあるステッキ型になっており、
竹彫加工で刀身が小烏丸型です。
全長1m弱、刃長約一尺九寸ちょっと。

元々通販向けかなんかで企画したそうで、なんやかんやあってウチに1本流れてきたものです。
つまり商品としてはだいぶイレギュラー。

仕込みステッキというか仕込杖で竹彫拵はまぁよくある話ですが、
U字型の柄は珍しいですね。
(`ー´)<元々紫色にする企画もあったとかなんとか。
(;´ω`)<あー鼻唄三丁ね…リアルで紫はちょっと…。



ブレードはこんな感じ。
過去にもありましたが小烏丸のような切先諸刃造りになってます。
一応真鍮製。


柄のアップ。
こっからみてるぶんには何も問題ないですが。



よく見るとなにやら切り取り線のようなものがいくつか入ってます。
刀身の付け根にあるものは恐らく刀身を植えるための切り取りですね。
それ以外は詳細不明ですが、多分この若干無茶な形状を造形・ないし補強する為に必要だったんではないかと思われます。
(;´ω`)<(紫はアレとしても黒か焦げ茶で仕上げれば分割見えなくなったのでは…まぁ木目活かす仕上げは格好いいんだが)

まぁそんな感じで以上、珍しいステッキ型仕込杖でした。
これホント安いんで御用の方はお早めにな。
(`ー´)<(考え方次第では半額以k…おっとごにょごにょ)

ほんじゃ今日の更新はこんなもんで。
また明日お会いしましょうー。